あくたもくた

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 何の役にもたたないつまらないもの。ごみ。がらくた。あくぞもくぞ。
※随筆・戴恩記(1644頃)上「ただあくたもくたをかきながせ。あとにはかならず水すむ物なり」
② とるにたりない者。つまらない者。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「あくたもくたも后だのばばァだの」
③ 欠点。短所。また、人の欠点・短所をあげて悪口雑言すること。あくぞもくぞ。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)七「賤の女の悋気に男ふすふるはあくたもくたに何やかやりび」
※俚言集覧(増補)(1899)「あくぞもくぞ、あくたもくた、人のアラをいふ。芥藻屑の義なるを上のあくたにつれて、もくたになり、又、もくぞハ、もくづの転、もくずなるを、又転して、もくぞとなれるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android