あくたもくた

精選版 日本国語大辞典「あくたもくた」の解説

あくた‐もくた

〘名〙
① 何の役にもたたないつまらないもの。ごみ。がらくた。あくぞもくぞ
随筆戴恩記(1644頃)上「ただあくたもくたをかきながせ。あとにはかならず水すむ物なり」
② とるにたりない者。つまらない者。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「あくたもくたも后だのばばァだの」
③ 欠点。短所。また、人の欠点・短所をあげて悪口雑言すること。あくぞもくぞ。
狂歌・後撰夷曲集(1672)七「の女の悋気に男ふすふるはあくたもくたに何やかやりび」
俚言集覧増補)(1899)「あくぞもくぞ、あくたもくた、人のアラをいふ。芥藻屑の義なるを上のあくたにつれて、もくたになり、又、もくぞハ、もくづの転、もくずなるを、又転して、もくぞとなれるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android