コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴恩記(読み)タイオンキ

大辞林 第三版の解説

たいおんき【戴恩記】

歌学書。二巻。松永貞徳著。1641~45年頃の成立。晩年の著者が、九条稙通たねみち・細川幽斎らの師についての追憶などを、歌学を中心に述べたもの。内容は連歌や国文学一般にも及ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戴恩記
たいおんき

江戸初期の歌学書。二巻二冊。松永貞徳(ていとく)著。1644年(正保1)前後成立、1682年(天和2)京都永田長兵衛刊。別名『歌林雑話集』『歌道戴恩記』『貞徳翁戴恩記』。貞徳が自己の生涯を回顧し、個々の話柄に即して師の貴さを説いたもので、一面追憶的な自伝的要素も多い。貞徳が師として教えを受けた人は五十余人に及ぶといい、なかでも若年よりの歌学の師九条稙通(たねみち)や細川幽斎(ゆうさい)についてはとくに詳しく、中院通勝(なかのいんみちかつ)や連歌の師里村紹巴(じょうは)についても詳しい。政治史、社会史の断想としても有益である。[森川 昭]
『小高敏郎校注『日本古典文学大系95 戴恩記他』(1964・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例