コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あすか基地 アスカキチ

デジタル大辞泉の解説

あすか‐きち【あすか基地】

南極大陸にある日本の観測基地。昭和基地西南西約670キロメートル、クイーンモードランドの氷床上に位置する。昭和60年(1985)、第二十六次観測隊により、あすか観測拠点として建設。昭和62年(1987)の第二十八次観測隊から平成2年(1990)の第三十二次観測隊までが越冬観測を行い、平成4年(1992)に閉鎖。現在は無人気象観測機器などが設置されている。平成16年(2004)より現名称になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

あすか基地の関連キーワード南極大陸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あすか基地の関連情報