閉鎖(読み)ヘイサ

デジタル大辞泉「閉鎖」の解説

へい‐さ【閉鎖】

[名](スル)
出入り口などを閉ざすこと。「表口を閉鎖する」「国境を閉鎖する」
組織体がその活動や機能を停止すること。「工場を閉鎖する」「学級閉鎖
内にこもって他のものの立ち入りを許さないこと。
「正直に振舞えばいいのに、彼は自分を—している」〈宮本伸子
[類語]封鎖塞ぐ閉ざす閉める閉じるたてる閉め切るふうずるさえぎはば遮断する閉塞へいそくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「閉鎖」の解説

へい‐さ【閉鎖】

〘名〙 とざすこと。また、とじて出入りのできないようにすること。とじて機能を停止すること。⇔開設
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「暫時其室中に閉鎖し」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉二「家塾閉鎖(ヘイサ)の意を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android