閉鎖(読み)ヘイサ

デジタル大辞泉の解説

へい‐さ【閉鎖】

[名](スル)
出入り口などを閉ざすこと。「表口を閉鎖する」「国境を閉鎖する」
組織体がその活動や機能を停止すること。「工場を閉鎖する」「学級閉鎖
内にこもって他のものの立ち入りを許さないこと。
「正直に振舞えばいいのに、彼は自分を―している」〈宮本伸子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいさ【閉鎖】

( 名 ) スル
出入り口を閉じること。 ⇔ 開放 「門を-する」
ある施設を閉じて、仕事などを停止すること。閉ざすこと。 「工場を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐さ【閉鎖】

〘名〙 とざすこと。また、とじて出入りのできないようにすること。とじて機能を停止すること。⇔開設
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「暫時其室中に閉鎖し」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉二「家塾閉鎖(ヘイサ)の意を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閉鎖の関連情報