閉鎖(読み)ヘイサ

デジタル大辞泉の解説

へい‐さ【閉鎖】

[名](スル)
出入り口などを閉ざすこと。「表口を閉鎖する」「国境を閉鎖する」
組織体がその活動や機能を停止すること。「工場を閉鎖する」「学級閉鎖
内にこもって他のものの立ち入りを許さないこと。
「正直に振舞えばいいのに、彼は自分を―している」〈宮本伸子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいさ【閉鎖】

( 名 ) スル
出入り口を閉じること。 ⇔ 開放 「門を-する」
ある施設を閉じて、仕事などを停止すること。閉ざすこと。 「工場を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐さ【閉鎖】

〘名〙 とざすこと。また、とじて出入りのできないようにすること。とじて機能を停止すること。⇔開設
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「暫時其室中に閉鎖し」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉二「家塾閉鎖(ヘイサ)の意を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閉鎖の関連情報