コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和基地 しょうわきち

7件 の用語解説(昭和基地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和基地
しょうわきち

南極大陸の日本の恒久観測基地。リュツォホルム湾東部,プリンスオラフ海岸沖 6kmの東オングル島北岸の安定した露岩上,南緯 69°,西経 39°35′に位置。 1957年建設。 63~65年中断されたが,毎年越冬隊が送られ,地球物理,地質,海洋,生物などの調査研究と,大陸踏査を行なっており,現在では南極でも有数の科学観測基地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

昭和基地

日本の代表的な南極観測拠点。南極大陸から西に約4キロメートル離れた東オングル島にあり、南緯69度00分、東経39度35分、標高29メートル。1957年、第1次日本南極地域観測隊によって開設された。国立極地研究所が所轄している。
日本の南極での観測事業は、国際地球観測年(57~58年)を契機に始まった。世界各国への国際共同観測の呼びかけに応じて国を挙げて事業に取り組むことになり、55年の第2回南極会議で、プリンスハラルド海岸(東経35度)付近での南極観測が日本に正式に要請された。この要請に基づいて、第1次観測隊が場所を選定し、57年1月29日に上陸して付近一帯を「昭和基地」と命名した。以来、宗谷、ふじ、初代しらせ、2代目しらせと観測船の性能が向上するに従って、観測や居住のための施設・設備の増強が進み、これまでに約70の建物が造られている。
南極観測は、当初は未知の大陸の探求という側面が強かったが、地球環境問題クローズアップされるようになった今日では、宇宙、地球、生命、環境などの研究領域においてその意義が高まっている。2011年2月からは第52次の越冬隊が研究・観測を続けており、同年11月には第53次隊が南極に向けて出発する。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうわ‐きち〔セウワ‐〕【昭和基地】

南極大陸、リュツォホルム湾東部の東オングル島にある日本の観測基地。昭和32年(1957)第一次観測隊が建設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昭和基地【しょうわきち】

国際地球観測年における南極観測の一環として南極大陸に建設された日本の観測基地。リュツォー・ホルム湾東部のオングル島にあり,基準位置は東経39°35′,南緯69°0′。
→関連項目エンダビー・ランド白瀬氷河ドームF

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわきち【昭和基地】

国際地球観測年(1957‐58)の観測のため,日本南極地域観測隊が1957年1月29日に南極のリュツォー・ホルム湾北東端の東オングル島に設けた観測基地。現在は文部省国立極地研究所の付属施設。基地の天測点(標高29m)の位置は南緯69゜00′,東経39゜35′。島は先カンブリア時代の片麻岩や花コウ岩の丘陵から成り,多年性積雪が点在する。年平均気温は-10.6℃(1月は-0.7℃,8月は-19.5℃)で最低気温は-45.3℃(1982年9月4日)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうわきち【昭和基地】

南極大陸、リュツォホルム湾の東オングル島に、1957年(昭和32)に建設された日本の南極観測基地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭和基地
しょうわきち

国際地球観測年(1957~58)の観測のため、南極リュツォ・ホルム湾東岸の東オングル島に、1957年(昭和32)1月29日に開設された日本の観測基地。基準となる天測点の位置は、南緯69度0分、東経39度35分、高度43メートル。南極大陸とは幅約5キロメートルのオングル海峡で隔てられている。年平均気温は零下約10℃で、夏には露岩が現れる。オーロラ帯の直下にあるので観測の適地である。開設以来、58年の第2次越冬は不成立に終わったが、62年まで越冬観測が行われた。一時閉鎖のあと、66年(第7次)から現在(2006。第47次)まで維持されている。観測項目は、極光、夜光、気象、地磁気、地震、潮汐(ちょうせき)の定常観測と、超高層大気物理学、雪氷、地質、地理、生物、医学などの研究観測が、年次的に重点を置いて続けられている。オーロラ観測のためのロケット打上げ施設、科学衛星受信施設、気象自動観測装置、地震自動測定装置、電子計算機などの近代的な施設がある。2006年現在53棟の建物(延総床面積約6400平方メートル)があり、毎年約40名が越冬する。小型飛行機も置かれ、海氷上の滑走路を利用している。
 1960年10月遭難した福島紳(しん)隊員のケルンは南極史跡の一つである。70年には基地南東約270キロメートルの内陸氷床上に衛星基地「みずほ」が設けられ、超高層物理、気象、雪氷の観測が行われるとともに、内陸調査の基地となっている。[楠 宏]
『村山雅美著『南極点へ5200キロ――昭和基地の越冬生活と極点征服』(1978・偕成社) ▽平山善吉著『南極・昭和基地の建物――研究と設計』(2004・丸善プラネット)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の昭和基地の言及

【南極】より

…南磁軸極はほぼ南緯79゜,東経110゜(ボストーク基地近く)にある。オーロラ(極光)の出現頻度の高い地帯は南磁軸極を中心として半径約2500kmのドーナツ状の地域で,昭和基地はこの極光帯にある。大陸内部にあって周辺から最も遠い地点は到達不能極Pole of Inaccessibility(南緯82゜06′,東経54゜58′)と呼ばれるが,ソ連隊(1958年12月14日到達)とアメリカ隊が付近を探査した。…

※「昭和基地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昭和基地の関連キーワード南極大陸オングル島南極亜区南極観測基地やまと隕石南極観測隊南極地域観測隊南極観測南極観測船宗谷南大洋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭和基地の関連情報