あどなし事(読み)あどなしごと

精選版 日本国語大辞典の解説

あどなし‐ごと【あどなし事】

〘名〙 あどけないこと。たわいないたわむれ。
※兼良本方丈記(1212)「武者独子(ひとりこ)の六七ばかりに侍りしが、〈略〉はかなげなるあとなし事をして、遊び侍りしが」
[補注]「方丈記」の用例は流布本系にだけ見える。嵯峨本などでは「跡なし事」と表記され、また、中世、古くは「あどなし」の確例が認められないから、あるいは「跡無し事」の例か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android