しが

精選版 日本国語大辞典 「しが」の意味・読み・例文・類語

し‐が

  1. 〘 終助詞 〙しか〔終助〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「しが」の読み・字形・画数・意味

【歯】しが

歯と。歯にかけ、問題とする。〔史記、叔孫通伝〕此れ特(た)だ群盜・鼠竊(そせつ)(こそ泥)・狗盜のみ。何ぞ之れを齒に置くに足らんや。

字通「歯」の項目を見る


】しが

人のりを怒る。

字通「」の項目を見る


【市】しが

仲買人

字通「市」の項目を見る


【使】しが

使院

字通「使」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android