あなにえや

精選版 日本国語大辞典「あなにえや」の解説

あなに‐え‐や ‥ゑ‥

〘感動〙 (「え」「や」は、感動の助詞) ああ。ああすばらしい。あなにや。
書紀(720)神代上「妍哉可愛(え)少男(をとこ)を〈〉妍哉可愛(え)少女(をとめ)を〈妍哉、をば阿那而恵夜(アナニヱヤ)と云ふ〉」
浄瑠璃・傾城島原蛙合戦(1719)五「聟は心の浮橋に、嫁入御寮のあなにへや、うまし雑煮も味甘の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あなにえや」の解説

あなに‐えや〔‐ゑや〕

[感]《「え」「や」は感動の助詞》まあ、すばらしい。
「―えをとこを」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android