コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらまほし アラマホシ

デジタル大辞泉の解説

あら◦まほし[連語]

[連語]《動詞「あり」の未然形+希望の助動詞「まほし」》
居たい。ありたい。
「かかるついでにしばし―◦まほしくおぼしたり」〈・若菜上〉
あってほしい。居てほしい。
「少しのことにも先達(せんだつ)は―◦まほしき事なり」〈徒然・五二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらまほし

( 連語 )
〔動詞「あり」に願望の助動詞「まほし」が付いたもの〕
ありたい。あることが望ましい。好ましい。理想的だ。 「古いにしえの有様に心安くてこそ-・まほしく侍れ/栄花 ゆふしで

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あらまほしの関連キーワードあらまほし仮の宿り均田制度京極為兼取り寄る謀・籌漂はしまほし宗と家居為様里居連語先達べし

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android