ある愛の詩

デジタル大辞泉プラスの解説

ある愛の詩(うた)

1970年公開のアメリカ映画「ある愛の」のテーマ曲。インストゥルメンタルナンバー。「男と女」「白い恋人たち」などの映画音楽を担当したフランシス・レイによるサウンドトラックに収録、同アルバムは全米第2位を記録し、この年のアカデミー賞最優秀作曲賞を受賞した。カール・シグマンが歌詞をつけ、アンディ・ウィリアムスが歌ったボーカル・バージョンもある。原題《Theme From Love Story: (Where Do I Begin?) Love Story》。

ある愛の詩(うた)

1970年製作のアメリカ映画。原題《Love Story》。エリック・シーガル恋愛小説『ラブ・ストーリー』の映画化。監督:アーサー・ヒラー、出演:ライアン・オニール、アリ・マッグローほか。第43回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同作曲賞受賞。第28回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android