コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いしる(読み)イシル

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いしる


魚醤(ぎょしょう)の一種で、するめいかなどのいかの内臓に塩を加えて発酵・熟成させてこした汁。いわしやさばの内臓・頭などで作るものもある。石川県能登地方などの特産品。◇「いしり」「よしる」「よしり」ともいう。いかのものを「いしり(よしり)」、いわしやさばのものを「いしる(よしる)」と区別することもある。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いしるの関連情報