いつまでもあると思うな親と金(読み)いつまでもあるとおもうなおやとかね

ことわざを知る辞典の解説

いつまでもあると思うな親と金

頼りとなるはいつまでも生きてはいないし、金も使えばなくなってしまう。

[使用例] わが家の床柱に一枚の短冊が掛けられた。〈いつまでもあると思うな親と金ないと思うな災難〉[三浦綾子うた|1986]

[解説] 人に頼る心を戒め、倹約の大切さをいうことば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android