コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うた

音声による芸術的表現の一つ。,哥,謌,謳,謡,諷,唱,詠,などさまざまな漢字をあてる。その語源にも諸説あり,手拍子を「打つ」ことに由来するとする説や,情感を「うったふ」または「うれたふ」から出たとする説などがあり,その動詞形の「うたふ」との先後関係も明らかではない。古代においては,実際に声を出して歌われるものに「歌」もしくはその異体字をあてたが,中国の詩賦をまねて文芸本位の読む「和歌」が成立して,その区別に混乱が生じた。中国では,楽器に合せるものを「歌」,無伴奏のものを「謡」または「謳」とし,また,斉唱の歌を「謳」などと区別したこともあったが,日本ではすべて同義として「うた」の語にあてた。中世には,実際に歌われるものは,特に「謳歌」と字を重ねて区別したこともある。中国で用いられていた「歌謡」の語は,明治以降に国文学者などによって「謳歌」に代えて使われるようになった。音声表現のうちで音楽性の強いものを「うた」として,音楽性の弱い「コトバ」との対概念として用いることもあるが,芸術的な音声表現のうちで特に音節の引延ばしが多く,そこに旋律性が加えられたものを「うた」とし,あまり音節は引き延ばさず,時価の問題は別として,言語の韻律を拍に対応させようとする朗誦性の強い「語り」に対する概念として用いることもある。中世の猿楽能において,その声楽に「謡」「諷」などの字をあてて「うたひ」と称したのは特殊な用法であるが,音楽用語としては,器楽に対する声楽を特に「うたもの」または「うたいもの」と称して,「歌物」「謡物」などとあてることもある。近世の江戸においては,「唄」の字をあてて,文芸上の「歌」や語り物の浄瑠璃などの声曲に対して,歌曲性を強調する場合に用いる傾向も生じたが,関西においては「歌」の字をあてたままでそうした性格を強調した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のうたの言及

【歌謡】より

…声楽曲の総称。うた,または,うたう,という行為を示す語としての歌謡は,中国においては古くから使われ,たとえば,《史記》《漢書》あるいは阮籍の音楽論にすでに見られる。しかし,現在の日本での使い方は,明治以降の日本文学の研究者によるもので,読まれる詩歌に対して,歌われる詩歌を強調することを目的とした。…

※「うた」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

うたの関連キーワード携帯電話のネット音楽配信歌沢寅右衛門(初代)哥沢 芝金(4代目)国風・国振りかごめかごめ大河のうた大地のうた有為の奥山勧進比丘尼眞理ヨシコ木遣り音頭【かがい】大樹のうた三味線歌仏足石歌山歌野唱祭文節大和歌野崎村鉄砲傷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うたの関連情報