コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倹約 ケンヤク

デジタル大辞泉の解説

けん‐やく【倹約】

[名・形動](スル)むだを省いて出費をできるだけ少なくすること。また、そうするさま。「小遣いを倹約する」
「平生(へいぜい)人には吝嗇(りんしょく)と云われる程の、―な生活をしていて」〈鴎外高瀬舟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんやく【倹約】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
金や物を無駄遣いしないように努める・こと(さま)。 「 -家」 「 -して本を買う」 「 -なことは、封筒や巻紙を見ても知れた/家 藤村

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倹約の関連キーワード本を彊めて用を節すれば則ち天も貧にする能わずいつまでもあると思うな親と金何時迄もあると思うな親と金近江泥棒伊勢乞食財布の紐を締める締まり屋・締り屋爪に火をともす焼け跡の釘拾い一狐裘三十年爪に火を点す日本永代蔵しっかり者寛政の改革七分金積立七分積み金松下禅尼切詰める藤堂高雅上杉鷹山天保改革

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倹約の関連情報