倹約(読み)ケンヤク

デジタル大辞泉の解説

[名・形動](スル)むだを省いて出費をできるだけ少なくすること。また、そうするさま。「小遣いを倹約する」
「平生(へいぜい)人には吝嗇(りんしょく)と云われる程の、―な生活をしていて」〈鴎外高瀬舟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 出費をできるだけへらし、浪費しないこと。むだづかいをしないで費用を切りつめること。また、そのさま。節倹。節約。
※続日本紀‐大宝二年(702)一二月甲寅「喪葬之事務従倹約
※増鏡(1368‐76頃)一〇「その比(ころ)、けんやく行なはるとかや聞こえしほどにて、下簾(したすだれ)短かくなされ、小金物抜かれける」 〔漢書‐龔遂伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倹約の関連情報