コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いぼ斑点病(アカクローバ)

1件 の用語解説(いぼ斑点病(アカクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

いぼ斑点病(アカクローバ)

クローバの代表的な斑点性の糸状菌病。春および秋に冷涼多湿条件で多発するため、特に北海道など冷涼地での被害が大きい。病斑は初め褐色〜黒褐色の小点が 多数形成され徐々に広がるが、直径1-3mmにとどまることが多い。特に葉の裏の病斑の中央部にはいぼ状の突起が現れるが、これが雨によってふやけ胞子を 飛散する。激発時は多数の葉が罹病し、枯死する。病原菌アルファルファのいぼ斑点病菌とは別種である。他にシロクローバおよびアルサイククローバに発生 する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いぼ斑点病(アカクローバ)の関連キーワードいぼ斑点病(アルファルファ)斑点病(アカクローバ)白斑病(シロクローバ)斑点病(シロクローバ)いぼ斑点病(シロクローバ)褐斑病(シロクローバ)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)斑点病(サブタレニアンクローバ)汚斑病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone