いぼ斑点病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

いぼ斑点病(アカクローバ)

クローバの代表的な斑点性の糸状菌病。春および秋に冷涼多湿条件で多発するため、特に北海道など冷涼地での被害が大きい。病斑は初め褐色〜黒褐色の小点が 多数形成され徐々に広がるが、直径1-3mmにとどまることが多い。特に葉の裏の病斑の中央部にはいぼ状の突起が現れるが、これが雨によってふやけ胞子を 飛散する。激発時は多数の葉が罹病し、枯死する。病原菌アルファルファのいぼ斑点病菌とは別種である。他にシロクローバおよびアルサイククローバに発生 する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android