コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うすいえんどう

1件 の用語解説(うすいえんどうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

うすいえんどう

和歌山県を中心とする関西地方で生産されるエンドウマメ。さやをとり中の実を食する実エンドウで、粒は大きく甘みがある。「碓氷えんどう」の表記もある。由来は、明治期にアメリカから導入された実エンドウを大阪府羽曳野市碓井(うすい)で栽培したことから。その後、より栽培に適した和歌山県が大産地となり、改良種の「紀州うすい」などの品種が生まれた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うすいえんどうの関連キーワード関西章姫さがほのか田口早生刀根早生和歌山だいこん和歌山県和歌山市岩橋和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市一筋目和歌山県和歌山市吹上

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うすいえんどうの関連情報