コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うすいえんどう

デジタル大辞泉プラスの解説

うすいえんどう

和歌山県を中心とする関西地方で生産されるエンドウマメ。さやをとり中の実を食する実エンドウで、粒は大きく甘みがある。「碓氷えんどう」の表記もある。由来は、明治期にアメリカから導入された実エンドウを大阪府羽曳野市碓井(うすい)で栽培したことから。その後、より栽培に適した和歌山県が大産地となり、改良種の「紀州うすい」などの品種が生まれた。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うすいえんどうの関連情報