コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表記 ヒョウキ

4件 の用語解説(表記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐き〔ヘウ‐〕【表記】

[名](スル)
おもてに書きしるすこと。また、その書かれたもの。おもて書き。「表記の所へお送りください」
文字や記号を用いて書き表すこと。「現代仮名遣いで表記する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

表記【ひょうき】

文字音声記号によって言語を書き表すこと。各言語が慣習的に用いてきた文字と綴字(てつじ)法によって書き言葉に定着させるのが普通で,句読点や各種符号なども利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひょうき【表記】

( 名 ) スル
おもてに書き記すこと。また、その文字。おもて書き。 「 -の住所あてお送り下さい」
文字や記号で書き表すこと。 「漢字仮名まじりで-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表記
ひょうき

読み書きliteracyのよりどころ。文字を使って言語を写し取ったもの。表記writingは、文字列sequence of charactersと行立てparagraphicationと句読(くとう)punctuationなどで成り立っている。文字列の単位は語である。語ごとに文字列が決まっている。単語文字でも音節文字でもローマ字のような字母文字でも表記は語において定まっている。音節文字では仮名遣い、字母文字ではスペリングがそれである。単語文字である漢字でも、「葡萄(ぶどう)」や「蜘蛛(くも)」や「麒麟(きりん)」は、2字で初めて存在意義がある。中国語の「東西(トンシ)(もの)」「花子(ホワツ)(こじき)」なども1字ずつに切り離しては語にならない。当て字の「馬鹿(ばか)」や「馴鹿(となかい)」でも複合してこそ成り立っている。順序を変えただけでも、「重荷」と「荷重」、「人知」と「知人」のように別語になる。「山茶花(さざんか)」のように読み書きの順が一致しないことさえあるのも、1字ごとではなく、一定の文字列が語を示すからである。このように、語とその形態とは、文字列によって表記される。語を超える文字列には、句読点や行立てが加わって、文や文章を整える正書法ができる。これが文字という媒体を頼りとする言語の表記である。
 正書法は、表記における文字の配置統制の決まりで、つねにはたらいている。日本では仮名にもローマ字にも正書法があるが、専用されることは少なく、一般に使われる漢字仮名交じり文では表記上の不安定がみられ、とくに固有名詞における揺れが大きい。表記と文体、書体、筆法、用字法などとの混同は避けるべきである。[日下部文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表記の関連キーワード下記書き認める記述記名筆録明記列記書記す付記

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

表記の関連情報