表記(読み)ヒョウキ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐き〔ヘウ‐〕【表記】

[名](スル)
おもてに書きしるすこと。また、その書かれたもの。おもて書き。「表記の所へお送りください」
文字や記号を用いて書き表すこと。「現代仮名遣いで表記する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

表記【ひょうき】

文字音声記号によって言語を書き表すこと。各言語が慣習的に用いてきた文字と綴字(てつじ)法によって書き言葉に定着させるのが普通で,句読点や各種符号なども利用される。送り仮名,仮名づかいなど,日本語において表記手段としての文字を問題とするときは用字と呼んで区別することもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうき【表記】

( 名 ) スル
おもてに書き記すこと。また、その文字。おもて書き。 「 -の住所あてお送り下さい」
文字や記号で書き表すこと。 「漢字仮名まじりで-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表記
ひょうき

読み書きliteracyのよりどころ。文字を使って言語を写し取ったもの。表記writingは、文字列sequence of charactersと行立てparagraphicationと句読(くとう)punctuationなどで成り立っている。文字列の単位は語である。語ごとに文字列が決まっている。単語文字でも音節文字でもローマ字のような字母文字でも表記は語において定まっている。音節文字では仮名遣い、字母文字ではスペリングがそれである。単語文字である漢字でも、「葡萄(ぶどう)」や「蜘蛛(くも)」や「麒麟(きりん)」は、2字で初めて存在意義がある。中国語の「東西(トンシ)(もの)」「花子(ホワツ)(こじき)」なども1字ずつに切り離しては語にならない。当て字の「馬鹿(ばか)」や「馴鹿(となかい)」でも複合してこそ成り立っている。順序を変えただけでも、「重荷」と「荷重」、「人知」と「知人」のように別語になる。「山茶花(さざんか)」のように読み書きの順が一致しないことさえあるのも、1字ごとではなく、一定の文字列が語を示すからである。このように、語とその形態とは、文字列によって表記される。語を超える文字列には、句読点や行立てが加わって、文や文章を整える正書法ができる。これが文字という媒体を頼りとする言語の表記である。
 正書法は、表記における文字の配置統制の決まりで、つねにはたらいている。日本では仮名にもローマ字にも正書法があるが、専用されることは少なく、一般に使われる漢字仮名交じり文では表記上の不安定がみられ、とくに固有名詞における揺れが大きい。表記と文体、書体、筆法、用字法などとの混同は避けるべきである。[日下部文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐き ヘウ‥【表記】

〘名〙
① 文字や記号で書き表わすこと。また、その文字や記号。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕 〔史記注‐夏本紀〕
② 表として記すこと。表解。
※上古文字論批判(1898)〈新村出〉上篇「以上を十六世紀末年までの、古代文字論とす。今之を表記すれば」
③ 物の表面に書きしるすこと。また、その文字やしるし。おもてがき。標記。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「今は表記(ヘウキ)の宿で暮らして居ります」 〔元曲‐金銭記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表記の関連情報