うつむ無(読み)うつむなし

  • うつむな・し

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形ク〙 =うつなし
※書紀(720)皇極二年一一月(岩崎本訓)「吾兵を起して入鹿を伐たば其れ勝たむこと定(ウツムナシ)
[補注]語源は「現(うつ)も甚(な)し」とも「虚(うつ)も無(な)し」とも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android