コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うんてれがん ウンテレガン

デジタル大辞泉の解説

うんてれ‐がん

《「うんでれがん」とも》愚か者。あほう。まぬけ。江戸末期に流行した語。
「恐れ入って引き下がる―があるものか」〈漱石坊っちゃん

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんてれがん

〔「うんでれがん」とも〕
愚か者。馬鹿。間抜け。江戸末期の流行語。 「天晴粋の本釜となり-のくさめするのてれ幕なし/洒落本・粋好伝夢枕」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

うんてれがんの関連キーワード洒落本くさめ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android