コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喧嘩/諠譁 ケンカ

デジタル大辞泉の解説

けん‐か〔‐クワ〕【××嘩/××譁】

が原義》
[名](スル) 言い合ったり殴り合ったりしてあらそうこと。いさかい。「―をふっかける」「―するなら外でしろ」「口―」
[名・形動]騒がしいこと。また、そのさま。
「旅客人民共に群がり其―なること製鉄場にあるが如く」〈井上勤訳・月世界旅行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんか【喧嘩】

個人的な争いごとのうち,裁判にもちこまれないものをけんかという。国家間の争いなら戦争といい,経営者とそこで働く者の争いは普通に争議といわれている。けんかはまったく知らない者のあいだでの言い合い,殴り合いもあれば,親子,兄弟,夫婦,仲間その他のけんかもある。仲がよすぎてけんかをするのは兄弟や夫婦に多い。友人どうしでもけんかをするくせに仲がいいけんか友達もある。夫婦げんかは犬も食わないというのは,ほうっておけばひとりでに仲直りをしてしまうから,よけいなおせっかいはしないほうがいい,犬ですら夫婦げんかには関心をもたないという意味である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の喧嘩/諠譁の言及

【正当防衛】より

…正当防衛は,ごく例外的には国家的法益や社会的法益を守るためにも許される。 けんかの場合は,もと判例は〈喧嘩両成敗〉の見地からおよそ正当防衛は認められないとしていたが,近年はけんかであっても場合によっては認めうるとしている。しかし,相手をことさらに挑発した場合には認められない。…

※「喧嘩/諠譁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喧嘩/諠譁の関連キーワード夫婦喧嘩と北風は夜凪がする相手のない喧嘩は出来ぬ相手のない喧嘩はできぬ火事と喧嘩は江戸の花喧嘩仕掛け・喧嘩仕掛喧嘩に被る笠はなし角突き合わせる神明恵和合取組川向こうの火事金持喧嘩せず喧嘩は降り物尻を持ち込む目を長くする水引波右衛門兄弟牆に鬩ぐ喧嘩のそば杖化けろ化けろ喧嘩両成敗法割って入る棒千切り木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android