コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおたかどや山標準電波送信所/大鷹鳥谷山標準電波送信所 オオタカドヤヤマヒョウジュンデンパソウシンジョ

デジタル大辞泉の解説

おおたかどややま‐ひょうじゅんでんぱそうしんじょ〔おほたかどややまヘウジユンデンパソウシンジヨ〕【おおたかどや山標準電波送信所/大鷹鳥谷山標準電波送信所】

時刻周波数の基準となる標準電波を送信する施設。福島県東部の大鷹鳥谷山(おおたかどややま)山頂付近にあり、情報通信研究機構が管理・運営している。
[補説]国内には他にも佐賀・福岡県境にはがね山標準電波送信所があり、二つの送信所で全国を網羅している。電波が重複する地域で干渉による信号の減衰を避けるため、おおたかどや山は40キロヘルツ、はがね山は60キロヘルツの出力周波数で送信している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

おおたかどや山標準電波送信所/大鷹鳥谷山標準電波送信所の関連キーワード標準電波送信所長波補説

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android