コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はがね山標準電波送信所/羽金山標準電波送信所 ハガネヤマヒョウジュンデンパソウシンジョ

デジタル大辞泉の解説

はがねやま‐ひょうじゅんでんぱそうしんじょ〔‐ヘウジユンデンパソウシンジヨ〕【はがね山標準電波送信所/羽金山標準電波送信所】

時刻や周波数の基準となる標準電波を送信する施設。佐賀県佐賀市と福岡県糸島市の境界に位置する羽金山(はがねやま)山頂付近にあり、情報通信研究機構が管理・運営している。
[補説]国内には他にも福島県におおたかどや山標準電波送信所があり、二つの送信所で全国を網羅している。電波が重複する地域で干渉による信号の減衰を避けるため、おおたかどや山は40キロヘルツ、はがね山は60キロヘルツの出力周波数で送信している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

はがね山標準電波送信所/羽金山標準電波送信所の関連キーワード標準電波送信所長波補説

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android