おかさま(読み)オカサマ

デジタル大辞泉の解説

おか‐さま

《「おかたさま」または「おかかさま」の略という》近世、上方で、他人の妻の敬称。おかみさま。
「あんな―持ちながら、あったら御身を墨染に」〈浄・用明天王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかさま

〔「おかかさま」または「おかたさま」の略という〕
近世、他人の妻を呼ぶ敬称。多く町人の妻女をいう。おかみ様。 「あんな-持ちながら/浄瑠璃・用明天皇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android