コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨染(め) スミゾメ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐ぞめ【墨染(め)】

墨で染めること。また、そのような黒い色または、ねずみ色。
墨染め衣」の略。
僧。
「その身を―になして」〈浮・諸国ばなし・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

墨染 すみぞめ

?-? 江戸時代後期の陶工。
天保(てんぽう)(1830-44)のころ,京都伏見で火桶(ひおけ)や土風炉(どぶろ)などをつくった。本名不詳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨染
すみぞめ

京都市伏見(ふしみ)区の深草(ふかくさ)墨染町の地。上野岑雄(かんつけのみねお)が太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)の死を悼んで詠んだ「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」(『古今集』巻16)で知られ、地名のおこりになった墨染桜が墨染寺の境内にある。京都と伏見を往来する商人や、伏見から山科(やましな)を経て東海道を往還する旅人などでにぎわい、江戸中期には墨染寺の門前に芝居小屋や遊里ができて栄えたが、明治以後衰退した。京阪電鉄京阪本線墨染駅がある。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

墨染 (スミゾメ)

学名:Aeonium simsii Hybrid
植物。ベンケイソウ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

墨染(め)の関連キーワード中村福助(成駒屋・9代)映え映えし・栄え栄えし川上 眉山ラブメイク池田 輝方我が立つ杣墨染めの袖積恋雪関扉かっぽれ円頂黒衣織田武雄剃髪染衣黒衣御免墨染の衣辿る辿る川上眉山おかさま袖を絞る錦文流削ぎ尼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android