コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用明天王職人鑑 ヨウメイテンノウショクニンカガミ

2件 の用語解説(用明天王職人鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようめいてんのうしょくにんかがみ〔ヨウメイテンワウシヨクニンかがみ〕【用明天王職人鑑】

浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。宝永2年(1705)大坂竹本座初演。出語り・出遣い方式や、からくり応用の舞台機構が当時評判となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようめいてんのうしょくにんかがみ【用明天王職人鑑】

義太夫節の曲名。時代物近松門左衛門作。1705年(宝永2)11月大坂竹本座初演。5段。仏法を日本に流布させた聖徳太子の伝説を中心に,能の《道成寺》,幸若舞曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などの趣向をとり入れている。敏達天皇の御世,同腹の皇弟山彦皇子は外道を信じ,仏法を信じる異腹の弟花人親王(のちの用明天皇)と法力比べの末に敗れた。山彦は配下の道士益良(ますら)を使って王位を奪おうとし,花人やその恋人豊後真野(まの)長者の娘玉世らの命をねらう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

用明天王職人鑑の関連キーワード古浄瑠璃出世景清竹本座嫗山姥碁盤太平記孕常盤傾城仏の原曽我会稽山百日曽我世継曽我

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone