おきく物語(読み)おきくものがたり

精選版 日本国語大辞典「おきく物語」の解説

おきくものがたり【おきく物語】

江戸前期の軍記。一巻。作者未詳。天保八年(一八三七。岡山池田藩の医師、田中意徳の祖母きくの回想談。大坂夏のの城内での見聞脱出の経験談が記される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android