コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍記 グンキ

4件 の用語解説(軍記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐き【軍記】

戦争を題材として記述した書物。戦記。軍書。
軍記物」「軍記物語」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軍記【ぐんき】

戦記物語とも。戦乱を主題としてある一時代を扱った叙事文学。歴史文学。〈歴史物語〉と異なって,武士の登場とそれによる動乱を主題とする。平安時代の《将門記》《陸奥話記》等を先駆とし,中世の《保元物語》《平治物語》《平家物語》《源平盛衰記》《承久記》《太平記》《明徳記》等をさす。
→関連項目清良記戦争文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんき【軍記】

日本古典文学の一つのジャンルで,西洋の叙事詩,武勲詩に当たる。摂関家である九条家の出身で,延暦寺の座主(管長)にも就任した慈円は,その史論書《愚管抄》に,《大鏡》などの〈歴史物語〉について,〈ソレハミナ,タダヨキ事ヲノミシルサント〉したもので,保元の乱(1156)以後の武者の世を描きえないと記している。この武者の登場による動乱を作品の主題とするのが〈軍記〉である。〈軍記物〉〈軍記物語〉〈戦記〉〈戦記物〉〈戦記物語〉とも呼ばれるが,いずれの名称も新しく,明治以後の用語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぐんき【軍記】

戦争や合戦の模様を記した書物。戦記。軍書。
「軍記物語」「軍記物」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍記の関連キーワードマレー文学革ジャン古典文学ジャンダルム純ジャンプ日記文学ハイファンタジージャンゴ小山弘志樋口勝彦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軍記の関連情報