コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一巻 イチマキ

デジタル大辞泉の解説

いち‐まき【一巻】

巻子本(かんすぼん)・絵巻などの一つの巻全部。いっかん。
話や事件などのすべて。一部始終。
一族。一団。
「女の多い―で」〈藤村・春〉

いっ‐かん〔‐クワン〕【一巻】

巻物・フィルムなど巻いてあるもの一つ。巻物になっていない書物にも用いる。
最初の巻。第1巻。

ひと‐まき【一巻(き)】

一度巻くこと。
巻いてあるもの一つ。「絵巻物一巻き」「毛糸を一巻き買う」
連歌・連句で、歌仙・百韻・千句などの一つの作品。
一族。同族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちまき【一巻】

絵巻物などのひとまき全部。
事件・話などの、一部始終。 「平野屋小勘-は語るも聞くもあはれ也/浄瑠璃・氷の朔日
一族。一団。 「連衆つれしゆうまであの-は実に好かない客でござんすな/歌舞伎・四千両」

いっかん【一巻】

巻き物や映画フィルムなど、巻いてあるものの一つ。
書物などの第一の巻まき。第一巻。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一巻の関連キーワード大上臈御名之事・大上﨟御名之事・大上臘御名之事英和対訳袖珍辞書蕃藷考・蕃薯考蘆かび・芦かび雲は天才である男衾三郎絵詞帝国憲法義解一巻の終わりうひ山ぶみ春秋公羊伝蔵玉和歌集近来風体抄勝鬘経義疏文筆眼心抄九帖の御書普勧坐禅儀学道用心集ジエンド物名連歌仮字本末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一巻の関連情報