おくて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おくて
おくて / 晩生

作物のいくつかの品種を同一の環境や条件下で栽培したとき、開花、成熟期が比較的遅いものをおくてという。また、早いものをわせ(早生)、中間のものをなかて(中生)といい、これらを一括して品種の熟性という。熟性は品種に固有の性質であるが、温度や日長などの生態条件に影響されやすく、極端に条件が変わったりすると、わせとおくてが逆転することもある。一般におくて品種はわせに比して多収、良質である。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おくての関連情報