おくて

  • おくて / 晩生

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作物のいくつかの品種を同一の環境や条件下で栽培したとき、開花、成熟期が比較的遅いものをおくてという。また、早いものをわせ早生)、中間のものをなかて(中生)といい、これらを一括して品種の熟性という。熟性は品種に固有の性質であるが、温度や日長などの生態条件に影響されやすく、極端に条件が変わったりすると、わせとおくてが逆転することもある。一般におくて品種はわせに比して多収、良質である。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おくての関連情報