コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早生 ソウセイ

4件 の用語解説(早生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐せい〔サウ‐〕【早生】

植物の実などが普通より早くできること。わせ。「早生の品種」⇔晩生
普通より早く生まれること。早産。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

早生【わせ】

成熟が早く早期に収穫できる作物の品種群。これに対して収穫期の遅いものを晩生(おくて),中間のものを中生(なかて)と呼ぶ。多くの作物にあるが,日本ではイネについていうことが多く,イネの場合は早稲とも書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わせ【早生 early maturity】

生育期間が短く,早い時期に収穫期に達する作物品種の遺伝的な特性。反対の性質である晩生(おくて)と中間の中生(なかて)を含めて作物栽培上重要な特性となっている。早生になると生育期間が短くなるので,一般的傾向としては収量が低下する。しかし厳しい自然環境の条件下では,生育期間が短い早生のほうが有利である場合も少なくない。またハウス栽培を含めて,野菜では早い時節の出荷は市場で高く評価されるため,収益が飛躍的に増加することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早生の関連情報