コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早生 ソウセイ

デジタル大辞泉の解説

そう‐せい〔サウ‐〕【早生】

植物の実などが普通より早くできること。わせ。「早生の品種」⇔晩生
普通より早く生まれること。早産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

早生【わせ】

成熟が早く早期に収穫できる作物品種群。これに対して収穫期の遅いものを晩生(おくて),中間のものを中生(なかて)と呼ぶ。多くの作物にあるが,日本ではイネについていうことが多く,イネの場合は早稲とも書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わせ【早生 early maturity】

生育期間が短く,早い時期に収穫期に達する作物品種の遺伝的な特性。反対の性質である晩生(おくて)と中間の中生(なかて)を含めて作物栽培上重要な特性となっている。早生になると生育期間が短くなるので,一般的傾向としては収量が低下する。しかし厳しい自然環境の条件下では,生育期間が短い早生のほうが有利である場合も少なくない。またハウス栽培を含めて,野菜では早い時節の出荷は市場で高く評価されるため,収益が飛躍的に増加することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうせい【早生】

植物の実が他の品種より早く実ること。また、その品種。わせ。 ↔ 晩生
普通より早く生まれること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

早生 (ワセ)

植物。早期に種子の熟す稲の品種の類称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

早生の関連キーワードウンシュウミカン(温州蜜柑)さが春一番たまねぎ泉州黄たまねぎ相馬早生丸土垂えりかけいも権兵衛みかん肥のあけぼの金時みかんなつたよりきぬおとめ肥のあすか早稲・早生愛媛みかん大長みかん能登ひかり未希ライフ吉川 類次泉州黄玉葱蒲郡みかん盛岡山東菜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早生の関連情報