おっけ晴(読み)おっけはれて

精選版 日本国語大辞典「おっけ晴」の解説

おっけ‐はれて【おっけ晴】

〘副〙 (「おっかいはれた」からか) 遠慮なしに。公然と。れて。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)序幕「表向には洗湯へもおっけ晴れては這入れねえ」

おっけ‐はれた【おっけ晴】

※浮世草子・西鶴伝授車(1716)二「大臣も乗物ならべて、をっけはれたせんさく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android