コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠慮 えんりょ

4件 の用語解説(遠慮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠慮
えんりょ

江戸時代の刑罰の一つ。武士や僧尼に科せられ,『公事方御定書』には,「門を閉ざし,くぐり戸は引寄せおき,夜目立たないように出入りすることはさしつかえない」とあり,また病気とか火事の場合は閉門のときと同様この限りではなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐りょ〔ヱン‐〕【遠慮】

[名](スル)3が原義》
人に対して、言葉や行動を慎み控えること。「遠慮なくいただきます」「年長者への遠慮がある」「この部屋ではタバコは遠慮してください」
辞退すること。また、ある場所から引き下がること。「せっかくですが出席を遠慮します」「君は遠慮してくれ」
遠い将来のことを思慮に入れて、考えをめぐらすこと。遠謀。「深謀遠慮
江戸時代、武士や僧に科した刑罰の一。軽い謹慎刑で、自宅での籠居(ろうきょ)を命じたもの。夜間のひそかな外出は黙認された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんりょ【遠慮】

江戸幕府の下における刑罰ないし自発的謹慎。刑罰としては,武士,僧侶に科され,受刑者は屋敷に籠居して門を閉じるが,潜門(くぐりもん)は引き寄せておくだけでよく,夜間他の者が目だたぬように出入りしてもよかった。また武士は一定範囲の近親,もしくは家来が処罰されたときには,自発的に謹慎すべきであった。通常上司に差控伺(さしひかえうかがい)といういわば進退伺を出し,その指揮によって御番遠慮,御目見(おめみえ)遠慮などが命ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんりょ【遠慮】

( 名 ) スル
が原義〕
[0] 他人に対して、控え目に振る舞うこと。言動を控え目にすること。 「発言を-する」 〔「遠慮なく」の形で相手を誘ったり、相手からの勧めに応じたりする場合にも用いる。「-なく召し上がれ」「-なくあがらせていただきます」〕
[0] (事情や状況を考え合わせて)やめること。辞退すること。 「喪中につき新年の御挨拶は-させていただきます」 〔「遠慮してほしい」 「御遠慮ください」などの形で相手に対して退去や行為の中止を求める場合にも用いる。「しばらく-してほしい」「おタバコは御-ください」〕
[0] 断ることの遠回しな言い方。 「今回は出席を-させていただきます」
〔論語 衛霊公[1] 遠い先々のことまで見通して、よく考えること。深慮。 「深謀-をめぐらす」
[0] 江戸時代、武士や僧侶に対して科された軽い謹慎刑。門を閉じて居宅にこもらせ、昼間の外出を禁じたもの。夜間、くぐり戸から目立たないように出入りすることは許された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遠慮の言及

【謹慎】より

…言動を控え,みずからを戒めることで,刑罰・制裁としても科せられた。江戸時代,慎(つつしみ)と称した公家・武士の閏刑(じゆんけい)(特定の身分の者や幼老・婦女に対し本刑の代りに科す刑)は,《公事方御定書》が規定する塞(ひつそく),遠慮に類似の自由刑で,他出・接見などの社会的活動を制限することに実質的意義があったが,また名誉刑的な性格ももつ。幕末には大名処罰に隠居と併科された例が多くみられる。…

【閉門】より

…江戸幕府法では武士と僧に科せられる刑で,屋敷の門を閉じ,昼夜とも当人および内外の者の出入りを禁じ,ただ病気のときには夜中に医師を招き,また出火,類焼にあたっては消防,避難することは許されていた。自由刑と名誉刑との性質をもつ刑罰で,これより軽いものとして〈塞(ひつそく)〉〈遠慮〉〈戸〆(とじめ)〉〈押込(おしこめ)〉があった。前2者は武士と僧に科するもの。…

※「遠慮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遠慮の関連キーワード御蔵式楽永蟄居表右筆騎兵奉行御殿番自発的年寄衆武具奉行差控

遠慮の関連情報