コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おてちん おてちん

大辞林 第三版の解説

おてちん

どうにもならないこと。絶体絶命になること。 「あの夢市といふまことの悪玉におむまでも乗りけえられて、-になつた時には/洒落本・青楼五ツ雁金」
最後。おしまい。 「もう-にしなさい/歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛」
一文なし。また、無一文になった者。 「所詮お陀仏-ぢやあ、活きて居ても納まらずさ/合巻・正本製」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おてちんの関連キーワード合巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android