コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おのころ(自凝)島 おのころじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おのころ(自凝)島
おのころじま

兵庫県淡路島に関する伝説の地。イザナギノミコトイザナミノミコトが,「くらげなすただよえる海」 (『古事記』) をかき回したとき,鉾の先からしたたり落ちたしずくでできた島。その地が南あわじ市のおのころ神社のあるところという説と,淡路島の南端 4kmの海上に浮かぶ沼島だという説の二つがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android