コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼島 ぬしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼島
ぬしま

兵庫県南部,淡路島南方約 4kmの海上にある島。周囲約 10km。南あわじ市に属する。三方結晶片岩海食崖からなり,わずかに残された北西低地に約 300世帯が居住し漁業従事。第2次世界大戦後は人口の流出が目立つ。記紀における国生み神話おのころ島にあたるともいわれ,瀬戸内海国立公園に属する景勝地。面積 2.63km2。人口 669 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕沼島(ぬしま)


兵庫県淡路(あわじ)島の南方、紀伊(きい)水道に浮かぶ島。面積2.7km2。南あわじ市に属する。全島結晶片岩からなり、周囲は海食崖(かいしょくがい)が発達。瀬戸内海(せとないかい)国立公園に属する。ハモ・タイなどの沿岸漁業が盛んで、釣り客中心の民宿がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼島
ぬしま

兵庫県淡路島の南方、紀伊水道に浮かぶ島。南あわじ市に属す。淡路島の南方4.6キロメートルにあり、面積2.73平方キロメートル。周囲約10キロメートル。結晶片岩からなり、奇岩と断崖(だんがい)が連続し、瀬戸内海国立公園の一部である。縄文後期からの土器片も出土し、古代の海人(あま)族が居住した地とされる。『古事記』の国生み神話にみえる淤能碁呂(おのごろ)島とされ、伊邪那岐(いざなぎ)信仰の厚い漁業専業の島である。淡路島洲本(すもと)港と土生(はぶ)港からの定期船便がある。人口590(2009)。[吉田茂樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の沼島の言及

【淡路島】より

…現在,小型底引網によるカレイ,イカ漁や一本釣りによるタイ,スズキなどの出荷が多い。南淡町の沖合4km,紀伊水道に浮かぶ沼(ぬ)島は全島岩山でわずかな平地に民家が密集している小島であるが,古くから水軍の基地,漁業の根拠地として著名であり,また固有の行事,慣習が残存していて民俗学的にも注目されている。淡路島の工業としては地場産業の瓦,線香があるが,いずれも零細規模の工場が多い。…

※「沼島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沼島の関連キーワードおのころ(自凝)島兵庫県南あわじ市南あわじ(市)諭鶴羽山地南淡〈町〉松島 栄一南淡[町]瀬戸内海方丸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沼島の関連情報