お七の十(じゅう)

デジタル大辞泉プラスの解説

古典落語の演目のひとつ。「お七」「八百屋お七」「お七の幽霊」とも。四代目柳亭痴楽が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、お七、吉三。「お産見舞い」の別題を持つ「お七」とは別の作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android