かご形化合物(籠形化合物)(読み)かごがたかごうぶつ(英語表記)cage compound

世界大百科事典 第2版の解説

かごがたかごうぶつ【かご形化合物(籠形化合物) cage compound】

分子全体が鳥かごのようにC-C結合などの化学結合でかこまれている化合物。天然には,石油から産出するアダマンタンC10H16などがある(図)。人工的に合成された最小のかご形化合物としては,ベンゼンの原子価異性体であるプリズマンC6H6(無色透明の液体。1973年に合成され,プリズムのような形をしているのでこの名が付けられた。)がある。プリズマンは3員環を含んでいるためひずみが大きく,加熱すると爆発的に分解する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android