からころ(読み)カラコロ

デジタル大辞泉の解説

から‐ころ

[副]下駄などで歩くときに生じる、乾いた軽い音を表す語。「からころ下駄の音をさせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からころ

( 副 )
硬いものどうしが当たって発する音を表す語。特に、下駄の音。 「駒下駄を-(と)いわせて通る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐ころ

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 下駄の音など堅い物が他の物に触れて発する軽い音を表わす語。からんころん
※虎明本狂言・打たる舞(室町末‐近世初)「ゑかひたるかっこを、こしにちゃんとかっ付、山ぶきのばちをもって、からころからころ、しけけんに、からころからころと、たっつゐつも打たりな」
にごりえ(1895)〈樋口一葉〉三「見おろす町にからころと駒下駄の音さして行かふ」
② 蛙の鳴く声を表わす語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からころの関連情報