コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒下駄 コマゲタ

4件 の用語解説(駒下駄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こま‐げた【駒下駄】

台も歯も一つの材を刳(く)って作った下駄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

駒下駄【こまげた】

17世紀後期,貞享のころにできた下駄で,台も歯も1枚の板からくりぬいて作ったもの。歯は低い。駒(馬)のひづめの形に似ているのでこの名がある。
→関連項目下駄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こまげた【駒下駄】

一つの材から台と歯をくりぬいて仕立てた下駄。もとは馬の爪形であった。男女ともに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒下駄
こまげた

下駄の一種。差歯(さしば)下駄ではなく、くりぬき下駄をいう。材料は手近にある杉、朴(ほお)、山桐(やまぎり)などで、自家製品が多かったが、のち商品化して軽い桐を用いた。鼻緒の臍(ほぞ)位置は関東では後歯の前、関西では後歯の後ろにあける。当初の下駄は馬下駄とよんだが、17世紀後半から駒下駄というようになった。江戸時代中期から末期にかけて、ぽっくり、芝翫(しかん)下駄、堂島下駄、羽根虫、引付(ひきつけ)、中折(なかおり)などの種類ができた。駒下駄に差歯をしたものを日和(ひより)下駄と称し、江戸下町の女性の間に人気があった。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の駒下駄の言及

【下駄】より

…古墳出土の六つ穴の石下駄(副葬品)も同様にはいたものである。 下駄は連歯と差歯に分けられ,連歯のうち二つ歯を駒下駄(関西で真(まさ)下駄)といい,おいらんの道中にはくものは三つ歯下駄という。台裏をくり抜いたものはぽっくり(こっぽり)下駄で,これの低いものを舟底下駄という。…

※「駒下駄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駒下駄の関連キーワードからころ隅切り下駄草履下駄引き摺り下駄朴歯水下駄雪下駄湯下駄利休下駄鉄下駄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駒下駄の関連情報