コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんかんからす

デジタル大辞泉プラスの解説

かんかんからす

日本の歌の題名。作詞・作曲:つかこうへいカラスの寂しげな泣き声を聞いて親に思いを馳せる歌。1982年、NHKの音楽番組「みんなのうた」で放映された際、画家・中島潔がイラストを手掛け、脚光を浴びた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android