コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つかこうへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つかこうへい

[生]1948.4.24. 福岡,嘉穂
[没]2010.7.10. 千葉
劇作家,演出家,小説家。本名キム・ボンウン(金峰雄)。慶應義塾大学文学部中退。同大学在学中の 1972年,学生劇団で戯曲『戦争で死ねなかったお父さんのために』を発表。その後,早稲田大学の劇団暫(しばらく)に参加し,『初級革命講座 飛龍伝』で注目された。1973年文学座で初演された『熱海殺人事件』で第18回岸田戯曲賞(→岸田国士戯曲賞)を史上最年少で受賞。1974年劇団つかこうへい事務所を設立,『ストリッパー物語』(1975),『蒲田行進曲』(1980)などを書き,みずから演出も行なって狂熱と苦い笑いに満ちた舞台の魅力で旋風を巻き起こした。舞台装置がほとんどない舞台で劇を展開する演劇スタイルが特徴。1982年小説『蒲田行進曲』で直木賞を受賞すると劇団を解散し,その後小説に専念した。1989年に『今日子』で演劇活動を再開し,往年のヒット作『幕末純情伝』『熱海殺人事件』などの改訂版や新シリーズを上演,1991年『飛龍伝'90』が読売文学賞を受賞した。1994年東京都北区の文化振興財団と共同で,北区つかこうへい劇団養成所を開校した。2007年紫綬褒章を受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つか‐こうへい

[1948~2010]劇作家小説家演出家。福岡の生まれ。本名、金峰雄。在日韓国人二世。大学在学中から戯曲を執筆してブームを巻き起こす。昭和49年(1974)つかこうへい劇団を創立。「蒲田行進曲」で戦後生まれの作家として初めて直木賞受賞。他に「広島に原爆を落とす日」、戯曲では「熱海殺人事件」「初級革命講座飛龍伝」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

つかこうへい

劇作家,小説家。本名金峰雄。韓国籍の在日韓国人二世。福岡県生れ。慶応義塾大学文学部中退。在学中の《戦争で死ねなかったお父さんのために》などで注目を浴びた。《熱海殺人事件》(1973年初演)で岸田戯曲賞を当時最年少で受賞。
→関連項目小劇場演劇若松孝二

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つかこうへい
つかこうへい
(1948―2010)

劇作家、演出家、小説家。本名金原峰雄。在日韓国人二世として昭和23年4月、福岡県飯塚(いいづか)市に生まれる。慶応義塾大学文学部哲学科を中退するが、在学中に学生劇団に参加して演劇活動を開始、1971年(昭和46)に初戯曲『赤いベレー帽をあなたに』を上演した。1972年から早大系の劇団「暫(しばらく)」に『郵便屋さんちょっと』ほかを書き下ろして上演、1973年に「暫」と「つかこうへい事務所」の提携公演として『初級革命講座・飛龍伝』を初演した。同年文学座のアトリエ(文学座の稽古(けいこ)場兼小劇場で、座員の技能向上の場)が、藤原新平(1931― )演出で『熱海殺人事件(あたみさつじんじけん)』(岸田戯曲賞受賞)を初演、1976年につかの演出で「つかこうへい事務所」が同戯曲を新宿の紀伊國屋(きのくにや)ホールで上演したときからつかブームに火がつき、たちまち当代一の人気劇作家になる。と同時に、たてまえと本音を使い分ける日本人の習性を攻撃的な笑いにまぶし、何の装置もない空間で俳優の魅力を最大限に引き出すつかの芝居づくりが、後続世代に大きな影響を与えた。ブームのさなかの1982年1月に小説『蒲田行進曲(かまたこうしんきょく)』が直木賞を受賞、その舞台版を9月に初演すると「つかこうへい事務所」を解散し、小説に専念するとして演劇活動から手を引いた。1989年(平成1)に「演劇集団円(えん)」の女優岸田今日子(1930―2006)に『今日子』を書き下ろして劇界に復帰、1995年には「北区つかこうへい劇団」を藤本聡(1967― )演出の『つか版・北区お笑い忠臣蔵』で旗揚げした。また、1996年には「大分市つかこうへい劇団」を『売春捜査官』(作・演出)で立ち上げたが、この劇団はその4年後に解散した。1997年に新国立劇場の開場記念公演の一つとして『銀ちゃんが逝(ゆ)く・蒲田行進曲完結編』(作・演出)を上演した。その後は新作より旧作の改作・上演を専一にするようになっていった。2007年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。[大笹吉雄]
『『定本・熱海殺人事件』(1981・角川書店) ▽『つかこうへい戯曲シナリオ作品集』1~4(1987~1996・白水社) ▽『飛龍伝'90 殺戮の秋』(1990・白水社) ▽『飛龍伝 ある機動隊員の愛の記録』(1992・白水社) ▽『飛龍伝 神林美智子の生涯』(1997・集英社) ▽『つかこうへい傑作選』1~7(1994~1996・メディアファクトリー) ▽『銀ちゃんが逝く――蒲田行進曲完結編』(1995・メディアファクトリー) ▽『売春捜査官――熱海殺人事件』(1996・メディアファクトリー) ▽『つかこうへい'98戯曲集』(1998・三一書房) ▽『つかこうへいによるつかこうへいの世界』(角川文庫) ▽『蒲田行進曲』(光文社文庫) ▽『つか版・忠臣蔵』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

つかこうへいの関連キーワードつかこうへい正伝1968ぼくらが非情の大河をくだる時二代目はクリスチャン初級革命講座 飛竜伝初級革命講座飛竜伝つか こうへいかんかんからすにせサザ江さん名古屋の愛人寝盗られ宗介この愛の物語中込佐知子船越ミユキキムラ緑子ステロイド坂下しのぶ薔薇ホテル山崎銀之丞相良長仁萩原流行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つかこうへいの関連情報