か易し(読み)カヤスシ

デジタル大辞泉の解説

か‐やす・し【か易し】

[形ク]《「か」は接頭語》
容易である。たやすい。
「手放(たばな)れも還来(をち)も―・きこれ(=鷹ノコト)を除(お)きて又はあり難し」〈・四〇一一〉
軽々しい。身軽である。
「さるべきついでなくて、―・く通ひ給ふべき道ならねば」〈浮舟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かやすし【か易し】

( 形ク )
〔「か」は接頭語〕
たやすい。容易だ。簡単だ。 「手放れもをちも-・き/万葉集 4011
かるがるしい。気軽だ。 「 - ・き身ならば、忍びていと逢はまほしくこそ/源氏 若菜上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android