コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

派生語 はせいご derivative

翻訳|derivative

5件 の用語解説(派生語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

派生語
はせいご
derivative

自立語に音も意味もよく似た語基に (派生) 接辞が接合してできている単語。「オ-すし」「ぼく-タチ」「見-サセ-る」,quick-lyなどがその例。派生は語形替変に比べて,各単語ごとの特性が強く,不規則な点が多いこと,品詞を変えることがある (quickと quick-ly) ことが目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はせい‐ご【派生語】

本来独立した一つの単語であったものに、接辞などが付いたり語形が変化したりして、別の一語となったもの。接頭語が付いた「お宮」「ご親切」「真っ暗」、接尾語が付いた「ぼくたち」「みなさん」「寒がる」などの類。
[補説]「おび(帯)」「すもう」「遠く」などのように、用言の連用形から名詞に転成したり、「つゆ」などのように名詞から副詞に転成したりする場合も派生語に含めることがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

派生語【はせいご】

ある語から派生して形成された語。意味を変化させる場合と品詞を変える場合とがある。語の内部の音韻交替によるもの(speak→speech),接辞の添加によるもの(あたらしい→まあたらしい)がある。
→関連項目複合語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

はせいご【派生語】

単語のうち、ある単語に接辞などが付いたりしてできた語。「子供っぽい」は「子供」からの派生語であり、「子供っぽさ」は「子供っぽい」からの派生語である。「御親切」「ぶっ飛ばす」「春めく」の類。 → 複合語単純語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

派生語
はせいご

接辞を添加することによって形成された語。既存の語を二つ(以上)結合することによってつくられる複合語とともに、合成語の下位区分をなす。派生語と複合語は、本来共通の性格をもっているので、厳密には区別できない場合がある。たとえば、「母屋(おもや)」「一軒屋」の「屋」、助数詞として用いられたときの「箱」「本」「皿」などについては、既存の語と認めるべきか、接辞と認めるべきか、意見の分かれるところである。接辞が添加される要素(語基)には2種類あり、(1)それ自体が独立して用いられるもの(非生産的、子供たち)、(2)それ自体が独立して用いられることのないもの(おとうさん、八百屋)がある。英語にも同様の区別があり、(1)enlarge, active、(2)conceive, deceiveのような例がある。(1)を二次派生語、(2)を一次派生語とよび、狭義の派生語は(1)のみをさす。語基と派生語との間の品詞の変化については、「接尾語」の項を参照されたい。[杉浦茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の派生語の言及

【語形成】より

…英語fresh‐ness,nois‐yも,‐ness(名詞を作る),‐y(形容詞を作る)という接尾辞を付して派生されている。英語progressは,もとラテン語pro‐(〈前ヘ〉)+gress(〈行くこと〉)からであるが,今日では派生語と見ず1語と見るべきであろう。それに対してpro‐American(〈親米の〉)においては,pro‐が今日なお造語力をもつ接頭辞であるため,派生語である。…

【接頭語】より

…接頭語をつけると,もとの単語は独立性を失い,連声(れんじよう)が行われることもあり,アクセントが変わることが多い。結合してできた語形,派生語は,まったく1個の単語として働き,その品詞性はもとの単語に従う。接頭語には,カ細(ぼそ)い,ヒ弱い(カタカナで示される部分が接頭語。…

【接尾語】より

…それ自身は単独で用いられず,常に他の単語(または単語の中心的意味を負う部分)の後に結合して,いろいろの意味を添える。接尾語の結合した語形を,単語と単語の結合である複合語に対して派生語とよぶ。派生語はアクセントでも文構成上の資格でも,まったく1個の単語と同じ働きをし,その品詞性は接尾語が決定する。…

※「派生語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

派生語の関連キーワードキーワードスペルチェッカー単語品詞複合語語形語頭語論連語ツィプフの法則

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

派生語の関連情報