コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮舟 うきふね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮舟
うきふね

源氏物語宇治十帖に登場する女性。薫大将匂宮の2人から愛され,悩んで入水自殺をはかるが,横川僧都に助けられ,出家して俗世の愛を拒む。謡曲『浮』はこれに取材した夢幻能

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うきふね【浮舟】[書名・謡曲]

源氏物語第51巻の巻名。また、その女主人公の名。宇治の八の宮の娘。薫(かおる)大将匂宮(におうみや)の二人との愛に苦しみ宇治川入水するが、横川(よかわ)の僧都(そうず)に助けられて尼となる。
謡曲。四番目物観世金春(こんぱる)金剛流。源氏物語に取材。浮舟の霊が現れ、過って匂宮と通じ、宇治川へ投身した物語を語る。

うき‐ふね【浮(き)舟】

水面に浮かんでいる小舟。頼りないことにたとえることが多い。
[補説]作品名別項。→浮舟

ふ‐しゅう〔‐シウ〕【浮舟】

浮かんでいる舟。うきふね。
水上飛行機フロート

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浮舟 うきふね

「源氏物語」(宇治十帖)に登場する女性。
父は宇治八の宮,母は中将の君。光源氏の子薫と今上帝の皇子匂宮(におうみや)に愛されてくるしみ,宇治川に入水。たすけられて尼となる。薫は浮舟の弟を使いにだすが,あおうともしなかった。別名に手習(てならい)の君,蜻蛉(かげろう)の君。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うきふね【浮舟】

源氏物語の巻名。第五一帖。宇治十帖の一。
○ 源氏物語の作中人物。宇治の八の宮の女むすめ。宇治の大君おおいぎみ・中君なかのきみの異母妹。薫と匂宮におうのみやとの愛情の間に苦悶して入水、横川よかわの僧都そうずに助けられて尼となる。

ふしゅう【浮舟】

舟をうかべること。また、うかんでいる舟。うきふね。
水上飛行機のフロート。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の浮舟の言及

【源氏物語】より

…(番外)雲隠(くもがくれ)。第3部は,42匂宮(におうみや),43紅梅,44竹河(たけがわ),45橋姫,46椎本(しいがもと),47総角(あげまき),48早蕨(さわらび),49宿木(やどりぎ),50東屋(あずまや),51浮舟,52蜻蛉(かげろう),53手習,54夢浮橋(ゆめのうきはし)である。橋姫以下10巻を一般に〈宇治十帖〉と呼ぶ。…

※「浮舟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮舟の関連キーワード然りとても打ち付け目夢見騒がし潮ならぬ海もて損なふ打ち解け文然らずとも差し止む書き消つ老い成る差し付く火危うし脱ぎ滑す引き縮む眺め侘ぶ夢の浮橋一方一方元つ人御座所包み文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮舟の関連情報