コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がの がの

大辞林 第三版の解説

がの

( 連語 )
〔格助詞「が」に準体助詞「の」の付いたもの。主として近世に用いられる〕
「…のもの」の意を表す。 「身ども-は、これよりつつとかみでござる/狂言・餅酒」 「そりややるのじやあねえ。おれ-だ/滑稽本・膝栗毛 7
数詞に付いて、「…に相当するもの」の意を表す。 「酢を買ひにくる人あり。…むつかしながら壱文-と云ふ/浮世草子・永代蔵 4

がの

( 連語 )
〔接続助詞「が」に終助詞「の」の付いたもの。近世語〕
文末にあって助動詞「う・よう」「まい」などに付き、反発する気持ちを表す。 「さうではあるまい-/歌舞伎・唐崎八景」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

がのの関連キーワード宇治嘉太夫(初代)上野忠兵衛(初代)蘇我倉山田石川麻呂蘇我石川麻呂矢崎嵯峨の屋税所・済所菅野谷高政ちょっくり宇治嘉太夫用明天皇浮世草子小兄比売法提郎媛栂の木の物臭太郎娘道成寺垣下の舞北陸の道垣下の座十時甫快

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がのの関連情報