コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くね クネ

デジタル大辞泉の解説

くね

垣根。竹垣や生け垣など。くね垣。
「腹も立つ。―をも引き抜いてやらう」〈虎寛狂・瓜盗人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くね

垣根。生け垣。 「 -をも引きぬいてやらう/狂言・瓜盗人 虎寛本」 〔現在も関東を中心に用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のくねの言及

【屋敷】より

…母屋は屋敷囲いの中央より後方に建てられ,母屋の南面の空地は作業場,乾燥場として利用され,それを〈かど〉〈かどにわ〉などと呼んだ。平坦地農村の百姓の屋敷には,その北側から西北にかけて屋敷林を備えるものがあり,防風,防暑,防火,燃料・用材の採取などを目的にして竹,雑木,松,杉などを植え,これを〈いぐね〉(東北),〈くね〉(関東),〈築地松(ついじまつ)〉(出雲)などと各地各様に呼びならわした。 領主の軍事,政治,経済の拠点としての城下町の建設過程では,城郭を中心に,その周囲に武家屋敷を置き,その周辺に年貢免除の町屋敷を配置し,町割(まちわり)に従って職業別に町屋(まちや)を配列して同業者町を形成した。…

※「くね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

くねの関連キーワード愛知県名古屋市中川区前田西町ワインディングロード意地くね悪い鳥鋤/鶏鋤曲りくねるうねうね捩り捩る捏ね揚げ長汀曲浦くねらす一昨昨年くねくねしぶとい酒上熟寐うねくね捩じ切る武内宿禰捏ね焼き幼らしいうねくる

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くねの関連情報