くね(読み)クネ

大辞林 第三版の解説

くね

垣根。生け垣。 「 -をも引きぬいてやらう/狂言・瓜盗人 虎寛本」 〔現在も関東を中心に用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くね

〘名〙 竹などを編んだ垣根。また、いけがき。くね垣。
※虎寛本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「瓜つるを引立てのけう。〈略〉腹も立つ。くねをもぬいてやらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のくねの言及

【屋敷】より

…母屋は屋敷囲いの中央より後方に建てられ,母屋の南面の空地は作業場,乾燥場として利用され,それを〈かど〉〈かどにわ〉などと呼んだ。平坦地農村の百姓の屋敷には,その北側から西北にかけて屋敷林を備えるものがあり,防風,防暑,防火,燃料・用材の採取などを目的にして竹,雑木,松,杉などを植え,これを〈いぐね〉(東北),〈くね〉(関東),〈築地松(ついじまつ)〉(出雲)などと各地各様に呼びならわした。 領主の軍事,政治,経済の拠点としての城下町の建設過程では,城郭を中心に,その周囲に武家屋敷を置き,その周辺に年貢免除の町屋敷を配置し,町割(まちわり)に従って職業別に町屋(まちや)を配列して同業者町を形成した。…

※「くね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くねの関連情報