垣根(読み)カキネ

デジタル大辞泉の解説

かき‐ね【垣根】

敷地を限るために設ける囲いや仕切り。竹や植木などで作る。垣。
垣の根元。
間を隔てるもの。「心の垣根

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ね【垣根】

〘名〙 「かきね(垣根)」の変化した語。

かき‐ね【垣根】

〘名〙
① 垣と地面の接するあたり。また、屋敷や庭などの区画として設ける囲い。現在では、一般に竹で編んだものや、木を植えたものなどをいう。垣。
※万葉(8C後)一〇・一九八八「うぐひすの通ふ垣根(かきね)の卯の花のうき事あれや君が来まさぬ」
※俳諧・続虚栗(1687)春「よくみれば薺花さく垣ねかな〈芭蕉〉」
② (比喩的に) 間を隔てるもの。
※おあんさま(1965)〈大原富枝〉「先方にもやはり一重の垣根をおく気配が見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報