コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣根 カキネ

デジタル大辞泉の解説

かき‐ね【垣根】

敷地を限るために設ける囲いや仕切り。竹や植木などで作る。垣。
垣の根元。
間を隔てるもの。「心の垣根

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきね【垣根】

家の周囲や庭などの囲いや仕切り。普通植木や竹で作ったものをいう。かき。 「 -を巡らす」
(比喩的に)他と隔てるもの。 「 -を取り払う」
垣の根もと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

垣根の関連キーワード生け垣・生垣・生け籬コミュニケート姫垣・姫墻光秀の定理垣根越し外構工事人工竹垣室町無頼刺し網漁腰板張り垣根続き折掛け垣犬潜り庭見草青柴垣綾檜垣網代垣清水垣為渡す破れ垣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

垣根の関連情報