くろたき水組木工品(読み)くろたきみずくみもっこうひん

事典 日本の地域ブランド・名産品「くろたき水組木工品」の解説

くろたき水組木工品[木工]
くろたきみずくみもっこうひん

近畿地方奈良県地域ブランド
吉野郡黒滝村で製作されている。江戸時代の大峰山賽銭箱にみられる。から見ると水のに見えるため、水組と呼ばれる。地元を使用。隙間なく組み上げ、拭き漆で仕上げられる。奈良県伝統的工芸品

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「くろたき水組木工品」の解説

くろたき水組木工品

奈良県吉野郡黒滝村で生産される工芸品。角から見ると水の字に見える「水組」と呼ばれる組み方で作られた木工品。江戸時代、大峯山の賽銭箱に使用されていた。奈良県指定伝統的工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android