隙間/透(き)間(読み)スキマ

デジタル大辞泉の解説

すき‐ま【隙間/透(き)間】

物と物との間の、わずかにあいている所。「―だらけの板塀」
(比喩的に)普通には気づきにくいところ。盲点。「法の―を衝く」「―産業」
あいている時間。ひま。「家事の―をみて勉強する」
わずかな気のゆるみや油断。「の―につけ込む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げき‐かん【隙間】

〘名〙 すきま。ひま。間隙(かんげき)。〔漢書‐五行志・中之下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android