コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こくら コクラ

デジタル大辞泉の解説

こくら

[接尾]《古くは「こぐら」「ごくら」とも》動詞の連用形、まれに名詞などに付いて、競争する意を表す。くらべ。くら。「走りこくら」「飛びこくら

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくら

( 接尾 )
〔「こぐら」 「ごくら」とも〕
動詞の連用形、まれに名詞などに付いて、競い合う意を表す。くらべ。くら。 「私は走り-をいたさう/狂言・伯養」 「トビ-ヲスル/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

こくらの関連キーワードデービス(Bette Davis)岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原走りこぐら・走りこくら福岡県田川郡福智町福岡県田川郡香春町官業労働総同盟チョウトンボ東風(こち)佐々木小次郎にらめっこ橋本多佳子ヒメコガネ白石正一郎陸軍造兵廠千仏鍾乳洞駆けごくら山陽新幹線杉田久女企救半島カミエビ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こくらの関連情報